キャスト・スタッフ

舞台を彩る個性豊かなキャストをご紹介!

GAME Character 原作キャラクター

和合真一<Shinichi Wago>
as 明太子
介鱈 辛明(すけたらからあき)
〜チャラ男〜
介鱈家の跡継ぎで、鎖鎌を得意とする結忍。本家である真鱈家に養子へ行った弟がいる。幼少の頃から優秀で、天才肌。少しやればなんでもこなせてしまうため、物事に真剣になって取り組むという意欲が乏しい。他人に軽いノリで接するところがあり、言葉尻で意図せず相手を怒らせてしまうことも。
<代表作>
舞台「シェイクスピア 夏の夜の夢」
舞台「黒子のバスケ OVER DRIVE」
舞台「ロマンシングサガ THE STAGE ~ロアーヌが燃える日~」
舞台「おそ松さん on STAGE ~SIX MEN'S SHOW TIME~」
映画「屍囚獄」ー起ノ篇ー ー結ノ篇ー
木村敦<Atsushi Kimura>
as しらす
白洲 竜王(しらすりゅうおう)
〜ブラコン〜
白洲家の当主で、クナイを得意とする結忍。白洲家当主に代々受け継がれる一子相伝の特別な能力を父親から引き継いだ後、血縁者はおらず、天涯孤独。捨て子だったうなぎ(鰻目丑影)を溺愛しており、弟のように想っている。高貴な生まれを感じさせる穏やかで優雅な性格で、やや天然な部分も持つ。争いは好まないが、いざ戦闘となると派手に敵を蹴散らす猛々しさも持ち合わせている。
<代表作>
ミュージカル「テニスの王子様」
舞台「ハイキュー!!」
TV「薄桜鬼SSL」
DVD「レジェンド最凶覚醒 Ⅰ、Ⅱ」
ラジオ「木村敦のイケメンSCRAMBLE」
柏木佑介<Yusuke Kashiwagi>
as ツナマヨ
本鮪 麻世(ほんまぐろまよ)
〜俺様バカ〜
本鮪家当主の次男で、手裏剣を得意とする結忍。由緒正しい家から嫁いだ正室を母に持つ兄のマグロ(本鮪回遊)とは異なり、異国生まれの側室を母に持ち、親類から疎まれながら育った。あまり難しい言葉などは苦手だが、知ったかぶりをよくする。虚栄心が強く、オレ様で横柄な振る舞いをすることも多いが、兄のマグロへの劣等感をはねのけるために、影で努力を重ねてきた苦労人。弱者に手を差し伸べる優しさも持つ。
<代表作>
TV「鳳神ヤツルギ」シーズン1・2
ミュージカル「薄桜鬼」シリーズ
舞台「おそ松さん on STAGE~SIX MEN'S SHOW TIME」
舞台「黒薔薇アリス」
舞台「BROTHERS CONFLICT BROTHERS ON STAGE」
山沖勇輝<Yuki Yamaoki>
as 鮭
鮭延 益之助(さけのべますのすけ)
〜圧倒的な父性〜
鮭延家の次期当主で、忍者刀を得意とする結忍。妻を若くして亡くしており、一人息子を育てている。頼れる当主、凄腕の忍、そして良い父親になろうとする努力家。基本的には優しい性格だが、ひとたび任務となれば、忍として当主として冷酷な判断を下すことも。辛さや弱みをあまり見せないが、幼馴染のマグロ(本鮪回遊)相手には心情を吐露する。
<代表作>
オトメステージVol.3「マフィアモーレ☆」
舞台「戦国無双」
ミュージカル「ヘタリア」
舞台・映画「メサイア」
小谷嘉一<Yoshikazu Kotani>
as 野沢菜
菜畑 野武野(なばたけのぶや)
〜地方出身者〜
菜畑家の長男で、特殊な刃を持つ刀を武器にしている結忍。地方の農村出身で、故郷には大家族がいる。荒くれ者たちの頭を張っていた。口調が荒いが、面倒見がよく、料理が得意。都会に憧れが強く、その反面、都会育ちの人間に劣等感を抱く傾向がある。
<代表作>
TV「仮面ライダーアギト」
舞台「戦国BASARA」
ミュージカル「テニスの王子様」
舞台「メサイア」
舞台「遙かなる時空の中で」
足立英昭<Hideaki Adachi>
as おかか
良伊節 葛生(いいぶしかつお)
〜ぼっち願望〜
良伊節家の長男。鉄拳を得意とする結忍。年の離れた静かで控えめな性格のやや病弱な弟が一人おり、父親を亡くしたため、父親代わりとなって大事にしてきた。一人っ子だった期間が長かったため、一人でいることが好きなことと、生来の無表情さで親しい友人ができなかった。そのため、融通がきかない面や世間知らずな面がある。弟に似た印象の玉子(玉子石青)には、自然と優しく接する。
<代表作>
舞台 おん・すてーじ「真夜中の弥次さん喜多さん」双
舞台「乱歩奇譚 Game of Laplace」
舞台 極上文学「人間椅子/魔術師」
舞台「THRee's」
舞台 極上文学「春琴抄」
與座亘<Wataru Yoza>
as 昆布
昆布屋 日高(こぶやひだか)
〜童貞眼鏡〜
昆布屋家の次男。布紐を武器として扱うことを得意とする結忍。真面目で優等生。理論的な考え方を好み、理屈に沿っていないことを嫌う。近しい人間以外には心を開かず、丁寧に接してもどこか壁をつくって対応する傾向がある。幼馴染のわかめ(乾若愛)には、素の性格で接している。
<代表作>
TV「TBS 恋ん♡トスシーズン5」
舞台「ブラック・ダイス」
舞台「男おいらん」
舞台「TranseP@rents」
嶋崎裕道<Hiromichi shimazaki>
as 唐揚げ
鴨空 揚(かもぞらよう)
〜揚げたての闇〜
稲穂ノ国の影で暗躍する組織、暗鬼の元幹部。任務の失敗で、重傷を負い、今でも全身に傷跡が残っている。その任務失敗によって暗鬼をクビになり、死を考えていたところ、ツナマヨ(本鮪麻世)と出会い、初めて笑うこと、生きることの楽しさを知り、今に至る。暗鬼として生きるうえで自分を殺す訓練を受けてきたため、感情表現が苦手。任務に対する責任感は人一倍強い。
<代表作>
舞台「アルカナ・ファミリアEpisode0 希望の花」
舞台「おおきに龍馬」
舞台「蒲田行進曲」
舞台「おんな忠臣蔵~汝、いかに愚かなりとも~」
TV「NHK 林修の見れば納得!ギジンカイメイ」
小林瑞紀<Mizuki Kobayashi>
as 玉子
玉子石 青(たまごいしあお)
〜裏表天使〜
玉子石家の一人息子で、短弓を得意とする結忍。表面的にはやや内気で天使のように優しい性格だが、裏面的には毒舌で計算高く冷めた性格をしている。普段は表面の性格を見せるようにしており、天使の笑顔でみんなを虜にしている。大嫌いなツナマヨ(本鮪麻世)には、裏面が隠しきれずに漏れ出すことも。若干身体が弱く、寒さが苦手。
<代表作>
ミュージカル「人力車~浅草寺編!!」
舞台「他重人格」
舞台 サンリオピューロランド「ちっちゃな英雄(ヒーロー)」
ミュージカル「ファウスト-最後の聖戦-」
ミュージカル「テニスの王子様 2nd season」
立原寛也<Tomoya Tachihara>
as わかめ
乾 若愛(いぬいわかめ)
〜いいひと〜
乾家の次男だが、兄を小さいころに亡くしている。釵(サイ)を得意とする結忍。困った人がいたら放っておけないおせっかいやき。地味な雰囲気と元来のいい人っぷりで、誰にも悪い印象を抱かせない存在。おせっかいで、冷たい態度を取られてもめげない打たれ強さがある。
<代表作>
舞台「皇宮陰陽師アノハ」
舞台「ツキウタ。」
ミュージカル「閃の軌跡」
舞台「CLOCK ZERO~終焉の一秒~Watch Over」
バレエ「ロメオとジュリエット」
堀江慎也<Shinya Horie>
as マグロ
本鮪 回遊(ほんまぐろかいゆう)
〜飲んだくれ〜
本鮪家の長男であり、次期当主。ツナマヨ(本鮪麻世)の腹違いの兄。明るく陽気な性格で、お酒を手放さない酒好き。ダメダメな生活を送る一方、忍としては優秀で、特に戦闘は強い。任務以外で真面目な空気になるのが苦手で、茶化してしまうことがある。
<代表作>
舞台「MOON SAGA~義経秘伝 第二章~」
ミュージカル「ダンス・オブ・バンパイア」
ミュージカル「ミス・サイゴン」
ミュージカル「南太平洋」
ミュージカル「ヤング・フランケンシュタイン」
中三川雄介<Yusuke Nakamigawa>
as ごま
胡麻鶴 黒金(ごまづるくろがね)
〜お喋り狂人〜
胡麻鶴家の長男。幼いころに両親ともに亡くしてから、里の支援の下、一人で生きてきた。よく喋り、よく絡むが誰にも心を開かず、慣れあわない。自分の精神的な満足感を得るために、残虐的、狂気的な言動をする。
<代表作>
舞台「皇宮陰陽師アノハ」
舞台「アイドル♂怪盗レオノワール」
舞台「昴のテルミニロード」
舞台「十二人の怒れる男」
ドラマ「東京ヴァンパイアホテル」
汐谷文康<Fumiyoshi Shioya>
as コメ
稲穂 光(いなほひかり)
〜自己中型暴君〜
稲穂ノ国の殿、稲穂旭の息子であり、稲穂ノ国を分割して建国した光ノ国の殿。双子の弟である稲穂錦がいる。愛嬌があるが、言動に幼さが残る暴君。
<代表作>
ゲーム「アイドルマスターSideM」
ラジオ「帝王森川とボイトレ男子」
アニメ「バッテリー」
アニメ「ラブなる!~恋愛信号~」
新澤典将<Tensho Shinzawa>
as コメ
稲穂 錦(いなほにしき)
〜虚勢型暴君〜
稲穂ノ国の殿、稲穂旭の息子であり、稲穂ノ国を分割して建国した錦ノ国の殿。双子の兄である稲穂光がいる。兄よりは頭がいいが、他人を見下しがちな暴君。
<代表作>
TV「白鳥麗子でございます!」
TV「HiGH&LOW-THE STORY OF S.W.O.R.D.-」
舞台「都道府県パズル2017」
舞台「オサエロ」

ORIGINAL Character 舞台オリジナルキャラクター

村上渉<Wataru Murakami>
as ブレッド
<舞台オリジナルキャラクター>
~自信家アイドルプロデューサー~
異国からやって来た謎のプロデューサー。男性アイドルの魅力を世界中に広めつつ、まだ見ぬ原石を求めて旅をしている。その発掘眼と育成力に絶対的な自信を持っており、振付師のチェリーとのタッグで、数々のアイドルを生み出してきた。稲穂ノ国の結忍たちにも、アイドルの素質を見いだすが……
<代表作>
舞台「プリンス・オブ・ストライド THE LIVE STAGE」エピソード2
舞台「弱虫ペダル ~箱根学園新世代、始動~」
舞台「アルカナ・ファミリア Episode0 希望の花」
舞台「サバンナの掟」
舞台「Innocent World -千年の夜と百億の邂逅-」
田邊俊喜<Toshiki Tanabe>
as チェリー
<舞台オリジナルキャラクター>
~イケメン好きのオネェ振付師~
ブレッドと共に世界中を旅する振付師。どこからどう見てもアクの強いオネェだが、本人は清楚な美女だと言い張っている。第六感のイケメン嗅覚が発達しており、ブレッドを原石のもとへと導く存在。振付をし始めるとヒートアップし、好みのイケメン相手でも野太い声で怒鳴り散らしてしまう。
<代表作>
TV「リッチマン、プアウーマン」
舞台「東京喰種トーキョーグール~或いは、超越的美食学をめぐる瞑想録~」
舞台「犬夜叉」
舞台「マジすか学園〜Lost In The SuperMarket〜」
オトメステージVol.3「マフィアモーレ☆」
杉本勝久<Sugimoto Katsuhisa>
as ライト
<舞台オリジナルキャラクター>
~光り輝くキラキラアイドル~
プリズムと二人でアイドルユニットを組んでいる。ブレッドとチェリーに全幅の信頼を寄せており、二人の指示には忠実に従う健気な少年。プリズムのことを弟のようにかわいがっていて、何かと世話を焼いている。プリズムと二人で、世界中で名前を知られるほどのトップアイドルになることを目指している。
<代表作>
舞台「男おいらん」
TV「イケメン声優が騙し合い六學人狼部」
ユニット「六本木一丁目声優學園☆RIVA」メンバー
木原健人<Kento Kihara>
as プリズム
<舞台オリジナルキャラクター>
~光り輝くキラキラアイドル~
ライトと二人でアイドルユニットを組んでいる。ブレッドとチェリーに全幅の信頼を寄せているが、反抗期のため、時々悪態をついている。ライトが自分のことを子ども扱いするのが嫌で、反発しているが、その気持ちはライトには一向に伝わっていない。いつかソロで活躍しようと密かに考えている。
<代表作>
舞台 劇団シャイニング from うたの☆プリンスさまっ♪『マスカレイドミラージュ』
LIVE「レジェンド☆of~ネコネコふぁいや~!!第7弾『昭和歌謡特集』」
ラジオ「ソラトニワラジオ」
矢島八雲<Yakumo Yajima>
as しば漬け
<舞台オリジナルキャラクター>
~博覧強記の元側近~
稲穂旭に使えていた元側近。旭の死後、光と錦に煙たがられて、隠居の身となった。稲穂ノ国のことならなんでも知っている、と自他共に認める生き字引き。最近は持病のギックリ腰のため、穏やかな生活を送っているが、昔は忍びとしても活躍していた。
<代表作>
TV「突然ですが、明日結婚します」
映画「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」
ミュージカル「ホス探へようこそ ザ・サード」
舞台「晴れときどき、わかば荘」
舞台「実は私はI am…」

ENSEMBLE アンサンブル

會田海心<Kaishin Aida>
<代表作>
舞台「そうだ、インドへ行こう」
舞台「かげろう」
舞台「毛皮のマリー」
舞台「東京俳優市場2014春」
舞台「東京俳優市場2013冬」
木下佳<Kei Kinoshita>
<代表作>
本作初舞台
千葉瑞己<Mizuki Chiba>
<代表作>
アニメ「カゲロウデイズ-in a day’s-」
MV「始まりは終わりの次に」

STAFF スタッフ一覧

演出:滝井サトル

脚本:雲井るみ
原作:株式会社ビジュアルワークス

舞台監督:西川也寸志
美術:佐藤朋有子
照明:正村さなみ(RISE)
音響:田中慎也

音楽:今泉翔

衣装:小泉美都
ヘアメイク:林美由紀・福岡亜樹
小道具:渡邉景子

振付:河内達弥
殺陣:大岩主弥

当日運営:アンデム

宣伝美術:渡邊圭(モノガタリ)
WEB制作・運営:渡邊圭(モノガタリ)

ヘアメイク協賛:(50音順)
アイトルテ
クラッセ
Tv&Movie

制作協力:(50音順)
アール・クルー
アイズ
アズリードカンパニー
アワーソングスクリエイティブ
ウイントアーツ
ヴォーカル
オウサム
グローバルジャパン
style office
STRAIGHT
テアトルアカデミー
DHプロダクション
deemade
放映新社
マウスプロモーション附属俳優養成所
ゆーりんプロ
麗タレントプロモーション
レティクル東京座

プロデューサー:渡邊圭・増野光晴(モノガタリ)

主催・制作:モノガタリ

ウィズステージオフィシャルサイト
produced by モノガタリ